皆さんこんにちは! さぁやです。

今回は皆さんに知って欲しい

海と〝産み〟の物語

 Pacific Mother Film

をご紹介します。

=============

10月12日終了!!

Title:  Pacific Mother
Term:  Sep 8th - Oct 12th



=============

こちらは出産のドキュメタリー
短編映画なのですが

主役で映っていらっしゃるのが
女優でありフリーダイバーの福本幸子さんです。


※福本幸子さんのパートナーが
私もセーフティーダイバーを務めるVerticalBlueの
主宰 兼 世界王者ウィリアム・トゥルブリッジです。






前回の短編映画 【Water Baby】はこちら↓


私は最初この映画を見た時に
本当に感動しました。

恐縮なのですが

私がずっとしてきた女性の心と体の活動と
フリーダイビングに感じていた神秘が
ここに詰まっているような気がしました。


幸子さんは本当に素敵な女性で
生き方も人間性も笑顔も輝いている人なんです。
IMG_1104.JPG 299.53 KB
この笑顔やばい!!!
LOVE♡



私は2017年に幸子さんにお会いし
そこから仲良くさせて頂いています。


幸子さんとは価値観も似ているため
深い話もすんなりできて
いつも刺激を頂いております。


今回もこのPacific motherの話を聞いて

「沢山の人に知って欲しい!!」


と、いても立っても
いられない気持ちになりました。

1626754801415.png.jpeg 42.13 KB
この映画のメッセージは

「地球上すべての妊婦が持つべき、産み方を選ぶ権利」
「地球上すべての生の源、母なる海の未来への希望」

です。

もう少し詳しく説明すると






「女性に与えられるべき、自然な出産の選択肢」
「世界の助産師さんの社会的地位と雇用条件を高めること」
「女性や海に優しい世界こそがこれからの未来に繋がる」


です。


私はまだ出産を経験したことがありませんが
仕事柄、そのような話を聞くことが
沢山ありますし

プレママだからこそ
いつかの、その日のためにできることを
知識を持って実践してきていると思います。



しかし、〝出産は怖い〟という思いは
誰もが一度は持ったことのある
気持ちではないでしょうか?


私にとって
その概念を変えたのが
大葉ナナコさんでした。



ナナコさんのお話を聞いて
いつかの出産のために
楽しんで、その日を迎えたいなと感じたのです。


しかし、ナナコさんのお話でも感じたのは
日本は出産の選択肢が
限られているということです。


確かに探せば、
自分で選択肢を決めれる病院はあるのですが

妊娠→検診→出産が
ある程度流れのようになっていて

「こうしなければならない」

という認識を
植え付けられているような感じでした。
LOKAHI LIFE seaのコピーのコピー-73.jpg 101.24 KB
※私は未経験の分野なので
皆さんのご意見や
体験のシェアもお待ちしております。



今回の幸子さんの映画は
その概念を大きく覆すもの。



先日幸子さんと話をする中で


「出産てずっと繰り返されてきた
自然なものだよね。
母と子の繋がりで、
この世に誕生する神秘的な行為。
でも、例えば私が今ビーチで勝手に
出産したら警察に通報されるよね笑
なんかそこがちょっと不思議なんだよね」


っておっしゃっていて


確かにそこら中で勝手に出産していたら
日本ではとても奇妙でおかしな光景ですが


どこかの島ではビーチで
自然に産んでいる人だっているんです。
1627341133647.png.jpeg 83.61 KB
〈タヒチ在住のRavaは、ラグーンのビーチで第一子を出産〉
Credit by 命の起源、母と海を守りたい。 “産み”と“海”のドキュメンタリーを世界へ


出産てもっと
自然とコネクトしているもので

本来は医療が携わらなくても可能だった
繰り返し繋がれてきた
自然で神秘的な行為なのではないでしょうか?


※安全はもちろんなので
医療が携わることを否定しているわけでありません。
それだけが全てではないということです。
産婆さんのシステムも日本では「古いもの」
と感じたりしませんか?

E3F0B4C8-F8EF-4199-923A-67F88EBD9315.png.jpeg 26.13 KB

ちなみに幸子さんは
出産までエコーを見る機会も
なかったそうなのです。


だからこそ自分と赤ちゃんの
繋がりに意識を向けて
今どんな感じなのか
わかるようになっていたと言っていました。


何か不安なことがあって
助産師さんに聞いても

「あなたはどうしたいの?」

と、いつも母体への尊敬と
尊重があったそうなのです。




この映画は海と〝産み〟を体現する
太平洋で暮らすママたちの物語が
繰り広げられます。1624949874357.png.jpeg 58.81 KB

1627341193595.png.jpeg 93.81 KB1627341064735.png.jpeg 90.13 KB

1626443222728.png.jpeg 76.12 KB
1627340723463.png.jpeg 80.02 KB
IMG_6266.jpeg 32.08 KB
全ての写真はこちらから拝借しております。
https://camp-fire.jp/projects/view/457022 






私は以前から
海とお母さんの羊水についても
発信をしてきました。


ずっと発信を見てきてくださった方は
ご存知のはず。




私たち生命は海から生まれ、
そして私たちもお母さんの海から生まれている。



沢山の人たちにこの映画を知って欲しい!!

このクラファンは映画製作のために
必要な資金となります。
※それまでは自腹で製作されていたものなのです。


皆さんも何か感じたことがあれば
このクラファンにご協力ください。


ファミリーの方は是非ご意見や感想を
このブログコメントに残してください♪

※コメント欄はLOKAHI LIFE ファミリー限定です。






IMG_2372 2.JPG 2.15 MB

フリーダイビング より
サーフィンより
SEXより
出産が今までの人生で
一番気持ちよかった。
そんな体験を沢山の女性にしてほしい♡

by Sachioko


幸子さん、プロジェクトメンバーの皆様
この活動を心から応援しています。



地球を含む、全てのお母さんに優しい未来を。
生まれてくる一人一人に愛と神秘を。



======================

My free-diving friend Sachiko Fukumoto@okinawajudy, partner of William Trubridge @williamtrubridge, has been working on a documentary film @pacificmother_film.

Pacific Mother explores the relationship between the womb and the ocean.

When I free-dive, I feel safe and have a strange feeling of comfort and I imagine, maybe this is how it is to be in the womb?

The mineral balance of the ocean matches that of the fluids in a mother's womb.

Pacific Mother tells us about the wonderful connections of life on earth through the ocean and through birth.
All species originally came from the ocean and everyone has a mother who gave birth to them.   

I feel that this is a story that resonates with what I have a passion for.

Currently Pacific Mother is running their fundraising campaign on Kickstarter.
Can you check the link and support them and our Mother Ocean? 

Platform :  Kickstarter   http://kck.st/3nhpmff 
Title:  Pacific Mother
Term:  Sep 8th - Oct 12th


======================


愛を込めて xoxo
さぁや